本文へ移動

ブログ(やまびこ学園)

やまびこ学園ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夏を楽しもう

2021-07-29
カテゴリ:日常
NEW
七夕 星形の短冊です
今年の夏は暑いですね
7月は七夕。やまびこ学園でも短冊にお願い事を書きました。こどもたちご家族そして職員みんなが“元気と笑顔があふれますように”と。みなさんひとりひとりのお願いが届くといいですね。
そして、梅雨明け7月19日はプール開きとなりました。水の神様に“楽しく安全にプール遊びができますように”とお塩とお酒で清め、当日の利用の皆様とお祈りしました。
大きいめのプールが初めてのお子さんも、楽しそうに手でバシャバシャ。みんな笑顔のプール開きとなりました。
7月26日から夏季休暇体制となり、9時~13時児童発達事業9時~15時放課後等デイサービス事業と重なり、たくさんのお子さんの御利用となってます。来て下さった皆さまが「今日も来て良かったなあ」「今日も新たな発見があったなあ」「たのしかった」と暑い日々が続きますが、色々な工夫をして活動していきたいと思います
ついつい夢中になると水分補給を忘れがち。水分補給や適度な冷房など環境を整え、十分な睡眠を心掛け、楽しい夏を過ごしましょう。
お清めのあとにプール開き
きもちいいいね
とまとのプレゼントをいただきました。

やまびこ学園にあざらし型ロボット パロがやってきた

2021-06-29
カテゴリ:日常
まろんです。もふもふです。
あざらし型ロボット パロをご存じですか?2002年にギネスブックから世界一の癒しのロボットと認定され、世界30ヶ国以上で利用され、アメリカやヨーロッパでは医療機器として認められています。そのパロが、名古屋にある(社)ハッピーネット様より貸出いただいてます園長こと私とパロの出会いは、2019年3月東京藝術大学COI連携プロジェクトin松本「みんなで創ろう夢パーク」の催しに参加し、そこで出会い一目ぼれして『わたしもお世話してこの癒しを届けたいな』と思い、パロトレーナー中級コースを受講し、この気持ちを代表の堀さんに伝えた所、ひょんなタイミングで夢が叶いましたGW明けから昴くんがやってきて、日常のお世話をし、やっぱりかわいい「昴」って呼ぶと「きゅん」とお返事。6月に入って長野県用として赤ちゃんのパロと交代。さてお名前どうしようゴールドのもふもふの毛並みとつぶらな瞳を見てたら、ピーンとひらめき「まろん」と名付けました。まだ赤ちゃんなので、たくさん抱っこしてなでなでして話しかけて下さい。

天候の変化があり、体調を崩しやすい季節ですが、おいしい食事と質の良い睡眠を心掛け、この気候を乗り越えていきましょう。
昴くんありがとう。またあそびにきてね。
パロの特徴 その1
パロの特徴 その2

おとうさん♡おかあさんありがとうございます。

2021-06-21
カテゴリ:日常
まま、かわいいね♡
5月は母の日、6月は父の日があり、作品を作りました。たくさんの色でカラフルに一生懸命塗ったり、お父さんのお顔を思い出して丁寧な作品となりました。
おとうさん♡おかあさんがいるから、ぼくとわたしがいること。とてもたいせつなことと思えます。温かい気持ちになったひとときでした。

そして、6月上旬からやまびこ学園の園庭に“とりさん”毎日遊びにきます。はじめはお嫁さんを迎える準備なのでしょうか?巣を作り始めたり
時にはお二人(羽)で来てました(⋈◍>◡<◍)。✧♡。
しかし最近は何故かおひとり(1羽)で、園庭を遊んでいます。とりさんに何があったのでしょうか?

梅雨入りし、天候も変わりやすい時期です。体調を整えながら笑顔で参りましょう!!



ぱぱ 一緒にドライブいこうね(^^♪
とりさん、いらっしゃいませ
やまぼうし

こいのぼりを作成しました

2021-04-30
カテゴリ:日常
世界でひとつのこいのぼり
こいのぼりを作成しました。
Wikipediaではこいのぼりは、日本の風習で江戸時代に武家で始まった端午の節句に男児の健やかな成長を願って、家庭の庭先に飾る鯉の形を模して作ったのぼりとのことです。
3人の園児さんに作成いただきました
型紙に〇と△と□の形といろんな色をスタンプ
すきってみんなちがうし、お手ての力も違から色の濃さやこすれ具合もいい塩梅になってます。
かわいらしいおいのぼりが泳ぎました
お家でも元気に泳いでいるといいなあ



まるがすき
しかくがすき
いろいろな形と色を重ねたよ

小麦粉粘土で遊びました。

2021-04-15
カテゴリ:日常
いちご・おさかな・うさぎ・かめ・くるま・・
4月になり暖かい日が続いていたのですが、今日はあいにくの雨のち曇りのため、室内で小麦粉粘土で遊びました。食紅で黄・緑・ピンク色に染めた小麦粉をこねこね準備し、さあどんな形にしようかな?
小麦粉粘土に触ったお友達は、“粘土が柔らかくてびよーんて伸びるのが面白かったり”“ちょっと手のひらに粘土がついちゃうのが苦手だったり”“カラフルな作品を作ったり”、ひとりひとりの反応がちがってみんないい体験していくことの大切さを改めて感じました。

こねこね ぎゅー
ひっぱったらのびた
春色カラー
TOPへ戻る