施設紹介(れんげの家)

施設の目的

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に必要な知識、能力の高まった利用者は、一般就労等への移行に向けて支援することを目的としています
 

事業の内容

相談及び援助

利用者及びその家族が希望する生活や利用者の心身の状況等を把握し、適切な相談、助言、援助等を行います。

訓練

一般就労に必要な知識、能力の向上のために必要な訓練等を行います。また、その他の便宜を適切且つ効果的に行います。

生産活動

生産活動の機会を提供します。この活動における事業収入から必要経費を差し引いた金額を工賃として、生産活動に従事した利用者に支払います。

実習及び求職活動等の支援

公共職業安定所、障害者就業・生活支援センター等の関係機関と連携を取りながら職場実習の実施や、求職活動の支援の実施、職場定着のために支援を行います。

事業所外支援

常時サービスを利用している利用者が、心身の状況の変化により、5日以上連続して利用が無かった場合は居宅を訪問して利用状況を確認し、月2回を限度として同意の上で支援を行います。

健康管理

日常生活上必要なバイタルチェックや服薬などの管理、記録を行います。また医療機関との連携調整及び協力医療機関を通じて健康保持のために適切な支援を行います。
 

活動紹介

作業訓練

自主製品(おやき、バターケーキ、陶芸製品、縫製製品等の製造・販売)
受託作業(土産品組立、土産品包装)

社会訓練

社会研修、製品販売・営業、各種行事

生活訓練

社会生活技能訓練、調理実習

日課

9:25- 9:30
ラジオ体操・ミーティング
9:30-10:10
作業
10:10-10:30
作業
10:30-11:10
作業
11:10-11:20
作業
11:20-12:00
作業
12:00-13:30
昼食・休憩
13:30-14:10
作業
14:10-14:20
作業
14:20-15:00
作業
15:00-15:30
片付け・掃除・ミーティング
CIMG1215
2階作業室(hp用)